商品一覧

注文方法

プレゼント

携帯用サイト

リンク

店長プライベート

八王子名所巡り

「 営業許可書 」 14八保生れ第0086号 粉末食品製造業 屋号:京昌 コーポレーション。食品衛生責任者 社団法人東京都 食品衛生協会 1403920 小幡 京子

八王子商工会議所役員之章

e-shop

『うこん』 『なたまめ』との出会い


 私と「うこん」との出合い。

  私が「うこん」と出合ったのは、平成9年の春です。主人が人間ドック「1泊2泊」の検査を受け、自宅に戻って来た時です。血液検査で「B型肝炎」の疑いがあると医者に言われ翌週、再検査になった。場合によっては検査入院だと医者に言われたそうです。

一瞬、B型肝炎!!主人は今まで大きな病気は一度もかかったことはありませんでした。まず、この病気がどのような病気なのか、家庭の医学書で調べはじめました。


  肝炎と言っても「A型、B型、C型」と何種類もあって、B型は輸血等でかかる率が高く、ただ、主人は一度も入院はしていないし、輸血もしていない。ただ、子供のころに予防接種を「針」を変えないで受けていた。もちろん、今は1人一人「針」は変えますが当時は確かに一本の「針」で受けていた。原因はそれしか考えられないと医者は言ったそうです。翌週、再検査を受けて戻って来てはやり、B型肝炎だった。「再再検査も同様・・・・・。」

  私の実家が静岡で姉が磐田に住んでおり、「うこん」を栽培しておりました。それまで、「うこん」を栽培しているのは知っておりましたが、全く興味がありませんでした。主人のB型肝炎の事を伝えたところ、「うこん」を飲みなさいと言われ、当時は「生うこん」をおろして主人に飲ませておりました。1週間後、再再々検査で医者から今回の検査では症状が消えている!医者から何か薬を飲んでますかと聞かれたそうです。全く、薬は飲まず「うこん」を飲み続けておりました。次ぎの検査でもB型肝炎の症状が全く無い。来週から検査に来なくても良いと言われたそうです。


3回も検査を行ない、間違い無く「反応」が出ていたのに消えた!原因不明の回復。医者には「うこん」を飲んでいたことは一言も話していないそうですが、回復は「うこん」しか考えられません。同じ、症状の方が日本全国で大勢いらっしゃるのではないかと思い、主人が飲みづらい、飲みづらいと毎日、嫌がっていた「生うこん」を粉末にして「カプセル」に入れ、いつでもどこでも飲めるようにして回復した今でも毎日、カバンに入れ持ち歩いております。

 私となたまめとの出会い

店主  小幡 京子

商品サブメニュー
| うこん | アロエ | ヤーコン | なた豆(種) | なた豆茶 | ヤーコン&なた豆茶 
| 桑茶 |  なた豆(苗) | ヤーコン芋(苗) | 竹炭バンダナ |